2022年11月28日号 記事タイトル一覧

【ハンガリー―生産】BMWがハンガリー新工場の投資倍層、電池組立工場を追加
 見出し非公開の記事があります。
【米国―生産】現代自とSKオン、米で電池合弁工場を建設か
【米国―生産】現代モービスがジョージアで新工場、EV用PEシステム生産
【ロシア―生産】モスクヴィッチが生産開始、江淮汽車が技術供与か
【欧州―生産】吉利系ポールスター、欧州生産を決定か
【ドイツ―生産】ZF、乗用車・LCV向けの新型の電動ドライブ発表
【中国―生産】BYDが浙江省にNEV向け電池工場、年産20GWh
【インドネシア―生産】SKオンがインドネで合弁、EV電池材料を生産
【日本―生産】原料炭確保へ、自社鉱山比率高める=日鉄副社長
【各国―生産】自動車用ケミカル&マテリアル世界市場、35年に1.5億トンに
【米国―販売】越ビンファスト、米国向けにEV初出荷
 見出し非公開の記事があります。
 見出し非公開の記事があります。
【インド―販売】トヨタ、印で2車種目のHV「イノーバ・ハイクロス」発売
【東欧―政策】コソボとセルビア、車両プレート巡る問題で合意
 見出し非公開の記事があります。
【日本―政策】国交省、自動運転の国際ルール作りのシンポジウム開催
【中国―その他】テスラ、中国で8万台超リコール
【中国―その他】燃料電池の国鴻、来年にも香港上場を計画
【韓国―その他】SKオンとSKシグネット、充電機による電池診断で協業
【米国―その他】ネクステアの路面探知ソフト、CESイノベーション賞受賞

※ 見出し非公開の記事も無料試読をお申し込みすることで閲覧できます。


 

2週間無料お試し購読 購読を開始する

【韓国―その他】SKオンとSKシグネット、充電機による電池診断で協業

韓国のSKグループ傘下の電池メーカーのSKオン(SK On)は24日、同グループ傘下の電気自動車(EV)向け充電機メーカーであるSKシグネット(SK Signet)と協業することで合意したと発表した。充電機による電池性能の診断システムを共同で開発し運用する。

続きを読む...

【欧州―販売】10月の欧州商用車販売は9.4%減、16カ月連続の減少

欧州自動車工業会(ACEA)が24日発表した2022年10月の欧州連合(EU)加盟国(英国とマルタを除く)の商用車の新規登録台数は前年同月比8.5%減の13万2360台だった。EUと、アイスランド、ノルウェー、スイスからなる欧州自由貿易地域(EFTA)、英国の新規登録台数の合計は9.4%減の16万4422台と16カ月連続で減少した。1~10月のEUとEFTA、英国の新規登録台数は前年同期比16.8%減の164万6816台となった。

続きを読む...

【中国―販売】GM、中国で25年までに15モデルのEV投入

ゼネラル・モーターズ(GM)は22日、2025年までに電気自動車(EV)用プラットフォーム(車台)の「アルティウム・プラットフォーム」を共用するEVを15モデル以上、中国市場に投入すると発表した。

続きを読む...

【米国―生産】リア、品質検査のインテックを買収

自動車部品大手の米リア・コーポレーションは18日、生産ライン向け品質検査システムの開発を手掛ける米インテック・オートメーションを買収すると発表した。特に自動車の座席の品質検査でインテックの技術を活用するとしている。ただし、買収額については言及していない。

続きを読む...

【韓国―生産】車載ディスプレーに触れずに操作、現代モービスが開発

韓国の現代自動車グループ傘下の自動車部品大手である現代モービスは17日、車載ディスプレーの近接検知表示技術「クイック・メニュー・セレクション(Quick Menu Selection)」を世界で初めて開発したと発表した。ディスプレーに指を近づけると頻繁に使用するメニューが自動的にポップアップし、画面に触れなくてもジェスチャーでメニューを選択できるという。これにより、ドライバーによる操作を最小限に抑え、視線の拡散を防ぐことで安全運転を維持できるという。

続きを読む...

【北米―生産】平田機工、北米の新興EVから関連設備を受注

平田機工(本社:熊本県熊本市)は16日、北米の新興EV(電気自動車)メーカーからEV関連設備の大型案件を受注したと発表した。

続きを読む...

【ドイツ―販売】VWのEV「ID.」シリーズ、累計販売が50万台突破

独フォルクスワーゲン(VW)は15日、電気自動車(EV)専用プラットフォーム(車台)の「MEB」をベースにした「ID.」シリーズの販売が50万台を突破し、予定よりも1 年早く販売目標を達成したことを明らかにした。

続きを読む...

【ルーマニア―生産】コンチがティミショアラ工場を拡張、ディスプレー生産

ドイツの自動車部品・タイヤ大手コンチネンタルは15日、ルーマニア西部ティミショアラ(Timisoara)工場の拡張工事が完了したと発表した。投資額は約4000万ユーロ(約57億6510万円)。同工場の2006年の開所以来、3回目の拡張工事により、車載ディスプレーの「メガファクトリー」に生まれ変わったとしている。

続きを読む...

【韓国・インドネシア―生産】現代自、アダロからアルミ調達へ

現代自動車はこのほど、インドネシアの石炭大手アダロ・エナジー子会社の鉱業アダロ・ミネラルズ・インドネシア(Adaro Minerals Indonesia、AMI)からアルミニウムを調達する内容の覚書(MOU)を締結したと発表した。自動車用アルミの需要増に対応する。

続きを読む...

【ドイツ―生産】商用EVの米セントロ、独工場で生産開始

電気自動車(EV)の商用車を開発する米セントロ・エレクトリック・グループ(Cenntro Electric Group)はこのほど、独西部ノルトライン・ヴェストファーレン州ヘルネで取得した組立工場の操業を開始したと発表した。軽型トラックのEVである「メトロ(Metro)」と「ティーマック(TeeMak)」の生産を開始した。

続きを読む...

他の記事も読む