2020年8月14日号 記事タイトル一覧

 見出し非公開の記事があります。
【米国―生産】トヨタとマツダが米合弁工場に追加投資、8.3億ドルで生産ライン強化
【米国―生産】VW、米工場にEV用電池の研究施設を開設へ
【オーストリア―生産】フィスカー、EV「オーシャン」の生産をマグナに委託
【欧州―生産】amsとイベオのライダー、長城汽車のモデルに22年から搭載
【インド―生産】VEコマーシャル、ボルボバスの印法人を買収
【中国―生産】日照精工がシャシーの自動生産ライン着工、長城汽車に納入
【中国―生産】変速機の万里揚、7月の販売台数52%増
【中国―生産】華微電子、NEV向け車載パワー半導体を発表
【中国―生産】タイヤ大手の玲瓏輪胎、1~6月期は24%増益
【インド―生産】オンキヨー、印スピーカーユニット合弁工場の稼働率が回復
 見出し非公開の記事があります。
【フランス―販売】フランスの新車販売、8月も増加の見通し
【米国―販売】7月の米輸入物価0.7%上昇、石油製品など押し上げ
【サウジアラビア―販売】長城汽車の1542台、天津港からサウジ向けに出荷
【中国―販売】CNG供給設備の伯肯節能、1~6月は大幅減収減益
【日本―販売】三菱商事の今期予想は62%減益、自動車事業でコロナ影響
【ロシア―政策】ロシアがレアアースに投資計画、中国に次ぐ世界2位目指す
【中国―その他】テスラが中国で損保事業、上海に代理店設立
【米国―その他】フォード、北米で56万台超リコール
【米国―その他】リフトの4~6月は61%減収、来年末までの黒字化目標維持

※ 見出し非公開の記事は無料試読をお申し込みすることで閲覧できます。


 

2週間無料お試し購読 購読を開始する

【米国―生産】トヨタとマツダが米合弁工場に追加投資、8.3億ドルで生産ライン強化

トヨタ自動車とマツダの折半出資の米合弁会社、マツダ・トヨタ・マニュファクチャリングUSA(MTM)は13日、アラバマ州ハンツビル(Huntsville)市で建設中の工場に8億3000万米ドルを追加投資すると発表した。生産ラインに最先端の製造技術を導入するとともに、最大4000人の従業員に対して強化されたトレーニングを提供するための投資。これにより累計の投資額は23億1000万米ドルに達する。

続きを読む...

【英国―政策】英年金団体、25年までにエンジン車とHVの販売禁止を要求

英国の地方公務員などが加入する年金を運用する英地方自治体年金基金フォーラム(LAPFF)は11日、政府に対して2025年までにガソリンやディーゼルなどのエンジン搭載車とハイブリッド車(HV)の販売を禁止するよう求める声明を発表した。LAPFFは数千億ポンドの資金を運用しており、政府や与野党に対しても一定の影響力を持つとみられている。

続きを読む...

【ドイツ―生産】UL材料試験所、VWが化学物質放散試験の試験所に認定

製品の安全試験・認証などを手掛ける米Underwriters Laboratories(UL)はこのほど、同社が独西部クレーフェルトに保有するUL材料試験所が独フォルクスワーゲン(VW)のコンポーネント検証のためのPV3942に準拠した化学物質放散試験の外部試験所として認定されたと発表した。PV3942は車載用の部品、コンポーネント、半製品などに対する化学物質の放散挙動について評価する。

続きを読む...

【米国―生産】自動運転シャトルのメイモビリティー、事業拡張に1180万ドル

米ミシガン州経済開発公社(MEDC)は5日、同州アナーバーに本社を置く自動運転シャトルバス開発の新興企業のメイ・モビリティー(May Mobility)がミシガン戦略基金(MSF)から70万米ドルの補助金の拠出を受け、事業を拡張すると発表した。総投資額は1180万米ドルで、自動運転シャトルバスの台数やサービスの拡充を目指す。これによりアナーバーではエンジニアや技術職など100人の雇用が創出されるという。

続きを読む...

【ドイツ・中国―生産】ダイムラーとCATLが提携強化、電池関連の全領域で共同開発

独ダイムラーは5日、中国の新エネルギー車(NEV)向け電池メーカー最大手の寧徳時代新能源科技(CATL、本社:福建省寧徳市)との提携を強化することで合意したと発表した。ダイムラーがCATLから電池セルを調達するだけでなく、研究開発(R&D)分野でも協業するとしている。

続きを読む...

【台湾―生産】ファスナーのブルテン、台湾工場を移転拡張

スウェーデンの自動車用ファスナーメーカーのブルテン(Bulten)は4日、台湾子会社のPSMファスナーズ台湾が工場を移転し、拡張すると発表した。敷地や建屋は5年間の賃借となっており、今年の秋に移転を完了する予定だ。

続きを読む...

【ガーナ―生産】ガーナでVW車の生産開始、サブサハラ地域で5カ所目

フォルクスワーゲン(VW)は3日、アフリカ西部のガーナでVW車を生産する工場が開所したと発表した。最初に製造したモデルはスポーツタイプ多目的車(SUV)の「ティグアン」だった。

続きを読む...

【米国―その他】GMがEVゴーと提携、2700カ所に充電所を設置

米ゼネラル・モーターズ(GM)は1日、電気自動車(EV)高速充電ネットワークを運用する米EVゴー(EVgo)と提携し、急速充電ステーションの設置を共同で推進すると発表した。今後5年間で2700カ所に設置する計画だ。

続きを読む...

【ドイツ―生産】マンウントフンメル、本社工場での生産終了を決定

自動車部品大手の独マン・ウント・フンメル(Mann+Hummel)は30日、バーデン=ヴュルテンベルク州シュツットガルト市近郊のルートヴィヒスブルク(Ludwigsburg)にある本社工場での生産業務を終了すると発表した。本社機能や研究開発(R&D)部門は存続するとしている。

続きを読む...

【イタリア―生産】ABBが伊にEV充電機の新工場、21年末までに稼働

スイスの重電大手ABBはこのほど、イタリア中部トスカーナ州のサン・ジョヴァンニ・ヴェルダルノで電気自動車(EV)充電機の新工場の建設を開始したと発表した。投資額は3000万米ドル。家庭用から公共エリアに設置するための充電システム、都市公共交通専用の充電システムなど、同社の直流(DC)EV充電機の全ポートフォリオを生産する。2021年末までに操業を開始する予定という。

続きを読む...

他の記事も読む