ドイツの自動車部品大手エバスペヒャー(Eberspaecher)はこのほど、排ガス制御技術ブランド子会社のプレム・バイ・エバスペヒャー(Purem by Eberspacher)の海外部門であるプレム・インターナショナル(Purem International)がタイの同業であるアーピコ(AAPICO)と合弁会社を設立すると発表した。排ガス制御システムを製造し、タイ国内と周辺諸国の自動車メーカーに供給する。


新会社の商号はプレム・アーピコで、出資比率はプレム・インターナショナルが51%、アーピコとなっている。タイの首都バンコクの南方100キロメートルにあるアマタシティ・ラヨン工業団地内のアーピコの既存工場敷地内に新工場を建設する。新工場は2023年の第3四半期(7~9月)中に操業を開始する。新規雇用創出は80人。すでに大手自動車メーカー1社への納入が決まっているという。

2022/8/16

 

2週間無料お試し購読 購読を開始する