半導体メーカー大手の米オンセミ(onsemi)は5日、米SWIR Vision Systems(本社:ノースカロライナ州ダーラム)の買収を完了し、完全子会社化したと発表した。オンセミはSWIR Visionの子会社化により、インテリジェントセンシング製品のポートフォリオを大幅に拡大する。買収額は公表していない。


SWIR VisionはCQD(コロイド量子ドット)ベースのSWIR(短波赤外)技術のリーディングプロバイダー。CQDベースのSWIRは検出可能な光スペクトルを拡大し、従来は不可能だった、物体を透過して画像を撮影する技術とされる。この特許技術をオンセミのCMOS(Complementary Metal Oxide Semiconductor)センサーに組み込むことで、インテリジェントセンシング製品のポートフォリオが大幅に拡充され、産業、自動車、防衛などの主要市場でさらなる成長が期待されるとしている。

買収により、SWIR Vision Systemsの開発チームはオンセミのインテリジェントセンシング・グループに統合される。

2024/07/08

 

2週間無料お試し購読 購読を開始する